結婚届について

愛し合った二人が共に人生を送る儀式が結婚式ですが、正式に夫婦になるには結婚届の提出が必要になります。


結婚届

この結婚届ですが、受理される事を入籍と言いますが、実際未婚の方は経験がない分、詳しく知らない方も多いようです。そこで、婚姻届に必要な書類と書き方について調べて簡単にまとめてみました。

結婚届はどこにある?

まず結婚届は、近くの役所や出張所などで簡単に貰う事ができ、書き損じの為に希望で貰う事もできます

結婚届に必要な書類


は、基本結婚届の提出役所が二人の本籍地なら、書類は結婚届のみで結構ですが、どちらかもしくは二人ともの本籍地以外の役所に提出する場合は、本籍地でない方の戸籍抄本は婚姻届を提出する際に必要になるので、前もって用意する必要があります。

他に結婚届に必要な物は、認印程度の(ゴム印不可)各自の入籍前の印鑑と各自の証人による署名と捺印のみで、面倒な用意はありません。

結婚届の書き方

婚姻届の書き方

結婚届の書き方ですが、難しい事はなく書き方の見本がついてくるので、落ちついて書けば間違いなく書けるようになっています。


ただ、既に結婚式終わっている方や同居を始めている方は、先に行った日付を記入し、また婚姻届と同時に転入届や転居届を提出する時は、新しい住所と世帯主を記入して下さい。


このように、簡単に婚姻届は書く事ができますが、婚姻届が受理された日が入籍日になるので、書き損じがあったりや時間外に提出すると受理が遅れる事があるので、入籍日にこだわりがある方は前もって役所に連絡し調べてから結婚届を提出して下さい。

結婚届に必要な書類チェックポイント

  • 結婚届の提出役所が二人の本籍地なら、書類は結婚届のみ
  • どちらか本籍地以外の役所に提出する場合は、本籍地でない方の戸籍抄本は婚姻届を提出する際に必要
  • 結婚届に必要な物は入籍前の印鑑と各自の証人による署名と捺印のみ
  • 同時に転入届や転居届を提出する時は、新しい住所と世帯主を記入
  • 婚姻届が受理された日が入籍日になる
  • 入籍日にこだわりがある方は前もって不備がないか確認してから結婚届を提出

このページの先頭へ